どちらに似ていたら嬉しい?

ささいなことで夫と言い争いになりました。それは、うちの一人息子のことについてです。

うちの息子は見た目が夫そっくり。なんだか「本当にワタシが産んだのかしら?」と首をかしげたくなるほど、私とは似ていません。

夫は自分に似ていることが嬉しいらしく、私に向かって「(俺ばっかりに似て)お前、かわいそうになぁ。」なんてニヤニヤ言う始末。

そんな息子ですが、一点だけ、夫と似てないところがあります。それは、『目の形』。

親ばかですが、とても綺麗な切れ長の大きな目をしています。そして、私もはばかりながら、切れ長の目なので『目』だけは私に似てる!と思ってきました。

夫は垂れ目のつぶらな瞳系です。夫は息子の目を見てしみじみ言ったのです。

「うーん、これはうちのお袋の目かなぁ…。」

!!。間髪いれず言いました。

「オイ、一緒にしないでよ、あんなどんぐり眼じゃないでしょ。」

夫がムッとしたのは言うまでもありません。しかし、なんでも自分の血筋のほうを優先する夫の思考に私もムッとしました。

これが、姑の目だって?違うものは違う、私だって引けません。

「これは、私の目です!」

「いや、違う、ぜんぜん違う。」

夫も引かず、冷戦状態に。

よくよく考えると実にくだらない〝犬も食わない喧嘩〟なのですが、あきれてる息子を尻目に一歩もひかない双方。

一人っ子だからこその争いでしょうか?

世の中の子供を持つみなさんは、どちらに似ていたほうが嬉しいのでしょう?聞いてみたいものです。

前の記事